2017年9月25日月曜日

瑞牆大橋三段ルーフ

もうしばらく前のことだが、週末思い立って一人で瑞牆に向かった。何をするかは決まっていない。何でもできるように道具は揃えて来た。室井登喜男さん初登の三段ルーフクラックをやるのもいいし、クラック地獄あたりでリードもいいだろう。

ひとまず前からずっとやりたいと思っていた三段ルーフに向かうと、ルーフは濡れていた。冬が来るたびに落ち葉がルーフの上に降り積もり、雨をしっかりと吸い込み、少しずつルーフに向かって吐き出す。落ち葉の下の方は土に還っていて、それもルーフに流れ込んでいる。

このルーフは、毎シーズン掃除が必要なようだ。

まずはルーフの上に上がり、落ち葉を払い落とし、できる限り土を払い除ける。しかしそれにも限界がある。今度はルーフの下に潜り込んで、ムーブを考えつつ、タオルで使いそうな場所を拭き上げていく。何とかムーブ探るくらいはできそうだ。

このエリアには他にもいくつか課題があるようだが、すっかり自然に還っていて、今は訪れる人はほとんどいない。この時期は高い樹冠に覆われていて昼でも薄暗く、すぐ脇を流れる沢の湿気がまとわりつく。前に来た時は近くに熊と思しき糞を発見した。

そんな雰囲気にビクビクしながらムーブを探ると、だんだんと全体像が見えて来た。リップ上のホールドをつなげ、下半身をルーフにスタックさせて、全身を水平にしてズリズリと進む。後半は右のフィストとフレアしたシンハンドのジャムが効く。しかし問題は足。ルーフを抜ける直前の左手のシンハンドをきめるためのフットワークが複雑で、繋がらなかった。

結局、丸一日をこのジメジメしたルーフの下で過ごしてしまった。充実した1日だった。

そうそう、帰りにピラニアによって、ロックククライミング誌4号を入手した。ついでに軽くおしゃべりして、大きな目標を掲げてクライミングに取り組むことの大切さを知った。目標を定めよう。数年単位での準備が求められる大きな目標を。

2017年9月9日土曜日

白州尾白川ボルダー

夏の終わり、白州尾白川ボルダーへ向かった。色々と予定がキツキツで、今回は日帰りだ。

目的はもちろん、川。そして、魚。前回は装備不足で十分な成果を得られなかった魚とりに本格的に取り組むのだ。

しかし、前回とは川の様子が違う。おそらく8月前半の台風とそれに伴う増水の影響であろう。川底の砂が動いていて、全体的に浅くなっている。そのせいか、魚の姿は少ない。午後になって少し姿を見せたが、前回ほどの賑やかさはない。魚とりは完全に失敗した。

ただ、浅くなった川は子供達にとっては遊びやすかったようで、川遊びは満喫していたようだ。

もちろん、ボルダリングにも取り組んだ。子供達がおやつを食べている隙にこっそりと抜け出すことに成功した。

名作と誉れ高い「白蛇」(3級)。

もう3回くらい登っているのだが、向き合うたびに登り方が分からなくなってどハマりする。今回もそのパターンだった。15分ほど悩んだところで、子供達が呼びに来たので終了となった。

大満足の1日であった。

気温が一気に下がってきて、水がらみの遊びはそろそろ終わりだろう。この夏はタイミングが悪かった。

秋の山遊びに期待したい。

2017年8月12日土曜日

夏・クライミング・湯川の岩場

滅多にやらない泊まりでのクライミング。konさん、のりさんと一緒に、予定は小川山だ。

お盆休みの渋滞を避け、前夜遅くに移動し、車中泊した。翌朝起きると、前夜から降り始めた雨がやまない。この辺りで雨でも登れる岩といえば、僕は瑞牆末端壁くらいしか知らない。ということで行ってみたら、あの大きな岩がすっぽりと雲の中にあった。


このナイスタイミングで、konさんから「湯川は降ってない」との連絡を受け、往復2時間の歩きをこなし、湯川に転戦した。


湯川は二度目。一度目は、1年半ほど前の初めての吉田スクールだった。フィンガージャムがこれっぽっちもできずに絶望したあのとき。


まずはコークスクリューをフラッシュ。広いハンドサイズにびびってフェースに逃げるだっさいクライミングだった。次はサイコキネシス。オンサイト・トライは、ちょっと上がって、広いフィンガーサイズにびびってレイバックで突破しようとした途端に足がツルッと。そのあともテンションこきまくり。悪いサイズのクラックが出てきたときに真っ向勝負できないのが、僕の弱いところ。あとでクリフのウェブサイトをみたら、



下部はレイバックのミックスで登る人が多いが、ここまできれいに割れたクラックに敬意を払い面と向かって登りたい。

と書かれてた。ごめんなさい。

2回目は上の方に入れようとしたマスターカムが変な角度で固まって動かなくなって、終了。プロテクションのセットがヘボいところも僕の弱いところ。3回目、ジャミング勝負ででRP。途中でyseさんもいらして、楽しいクライミングだった。

夜は斜面の多い廻り目平を回避して、車中泊。翌朝起きると、地面が濡れていた。午後から雨の予報もあり、悩んだ結果、2日目も湯川。雨予報を受けてkonさんは実家へ帰ってしまったので、のりさんと二人。

初日にサイコキネシスが登れたので、2日目はバンパイアでもやろうかという計画だった。アップでデゲンナーをRPして、待ち時間にその右の細いクラックを途中まで登って、その後にフォーサイトをRPした。初めてここに来たときは、わずか1箇所もフィンガージャムが効かず絶望したルートを登れて、成長を感じた。

バンパイアには保科スクールがトップロープをかけていて空く気配がなかったので、どうしよう?と悩みつつご飯を食べて、考えていたら雨が降り始めて、終了。

悪いサイズでフェースだのレイバックだのに逃げずにジャミングで真っ向勝負すること、プロテクションのセットで欲張らずに目の前にセットすること。勉強になった。

2017年8月9日水曜日

小川山ボルダー

小川山でボルダリング。

林の中で易しいのをいくつか。

あっという間に指が痛くなる。

しばらくお休みですね。

(クラックは除く)

2017年8月2日水曜日

瑞牆山十一面岩末端壁

岩の名前が長い。アプローチも長い。前日の雨に加えて、予報通りに午後の雨。それでもたくさんの学びを得ることができた。

技術の習得が目的と割り切って、この日はTRのみで、体が重くなってからの一押しまで登りまくり。

「T&T」と「アストロドーム」はリードしても多分問題なし。「春うらら」1P目は容易ではない。

「この先グレードが上がると、核心でしっかりきまるジャムなんて無いよ。」

「きまらないなりに次へ動かなくちゃいけないんだ。」

ということの様で、確かにそうだなーと。上手い人の登りを下から見てると、どんなところでもジャミングがバチ効きの様に見えるけど、そんなことはないんだろうね。落ちない程度に効いてれば良いのだ。

瑞牆のクラックを登ったのは初めて(シルバーフリーウェイのワイド以外では)。ここは花崗岩の結晶が大きくて、痛い。他方で、結晶を有効活用することで、ホールディングしたり、きまらないジャムでごまかしたりして登る技術があるんじゃないかと思ったり。

2017年7月24日月曜日

白州尾白川・神宮川

土曜日の子育てで久しぶりに膝が爆発した。歩くだけで痛い。ここまでの痛みは数年ぶり。

日曜日は川で魚を捕らえよう、ついでに冷たい川の水で膝もアイシングされるはずだと、再び白州尾白川に向かった。前回の反省を活かして、確実にクラッシュパッドを車に積んだ。

しかし、現地は小雨。

しょうがないので、神宮川の視察に足を伸ばした。写真で見たことのあるデカイスラブは発見したが、そこからは川には降りられない。橋の手前のちょっとした隙間から川に降り、時々ポツポツと降ってくる小雨にもかかわらず、子供達のリクエストにより川で遊ぶことになった。

この辺りの神宮川は、キャンプ場の尾白川よりも浅く、岩も小さい。子供にとっては遊びやすい様だ。しかし、魚を取るには向いていない。膝のアイシングにも向かないだろう。

川遊びはほどほどで切り上げて、平山郁夫シルクロード美術館に向かった。規模は小さいが、シルクロードを描いた対になった絵画も、パキスタン、アフガニスタンからやってきた彫刻も、素晴らしかった。子供達も興味しんしんであった。

それから、中途半端な時間だがお腹が減ったので、清里ROCK。何を食べてもうまい。子供達をメーリーゴーランドに乗せ、大きな満足を得て帰宅した。

岩は登れなかった。

2017年7月20日木曜日

完全なる酒乱 & バンザイジャム@小川山

連休二日目の尾白川キャンプからの帰りは、中央道の渋滞が25km。家に着いたのは11時過ぎ。川遊びの疲れもあり、泥のように眠っていた午前3時。寝返りを打った娘の拳が僕の鼻にクリーンヒット。鼻血がブッシャーーー!と吹き出た。

寝不足で迎えた連休最終日、小川山でクライミング。

行き先は駐車場で相談という行き当たりばったりのクライミングで、砦岩前衛壁へ向かった。目指すは、完全なる酒乱!まだワイドクラックをほとんど登ったことがなかった2014年に挑んで、見事に跳ね返されたルートだ。

今回は登る気満々。意気揚々とスクイーズ・チムニーに全身をねじ込んだ。スクイーズチムニーのセオリーがわからないのでなぜだか知らないが、なんとなくこのワイドクラックでは僕は左肩を入れる。岩の奥に顔を向けて、左足の踏み込む力で、ズリズリと体をねじ込んでいく。十分に体が上がったところで、今度を顔を岩の外に向け、右足を上げていく。首を回して顔の向きをかえた時、鼻が壁面に擦れた。

鼻血ブッシャーーー!










僕の完全なる酒乱は終わった。

あとは、トップロープで練習して、それからバンザイジャムもトップロープで練習して終わり。大きな水晶を見つけたのが最大の成果であった。