2017年12月31日日曜日

2017年のクライミングのまとめ

○ベストクライミング3選

・喜び讃えよ 主イエスは生まれぬ(Noel)RP
たまげるほど美しい割れ目を発見して登れたことは、何事にも代えがたい体験であった。

・ザ・ラストリゾート、ロープソロOS
2P繋げて65mを一人だけで一気呵成に登りきった爽快感はそうそう得られるものではない。これまでは奥多摩で育った者としてルート全長30mと言われると長さに圧倒されていたけれど、今ではザ・ラストリゾートの半分以下だったらなんとかなるかもしれないと思えるようになった。

・スーパーレインをチームOS
新しいパートナーと新しい環境で新しい挑戦。まだまだいろんなことが自分にもできるんじゃないかと思わせてくれた。

○まとめ
2017年の目標は実はスラブだったんだけど、結局一本も登れていない。夏の天気とパートナー確保に問題があったからこれは仕方ない面もあるが。スポーツルートは相変わらず低調。トラッドルートもさほど数を登れず。一体何をやっていた一年なのか?謎だ。



○スポーツルート
ルート名グレード岩場RP日コメント
ハートルート5.11a城山2017年3月
オンサイトトライを楽しんだ。
オンサイト。
仰げば尊し5.10d城山2017年3月現場処理に成功。
オンサイト。
○スラブ
ルート名グレード岩場RP日コメント
○トラッド・ルート
ルート名グレード岩場RP日コメント
喜び讃えよ 主イエスは生まれぬ(Noel)5.12b?昇仙峡2017年4月☆☆☆
おそらく初登。とても美しく、厳しい。
ラブ・イズ・イージー5.11a?小川山
無名岩峰
2017年10月
考えさせられる楽しいルート。
COMPASSION5.10+?Zの岩場2017年2月☆☆
たぶん初登。プロテクションもムーブも面白い。ランナウトもよし。
3日間。
サイコキネシス5.10d湯川2017年8月
甘いジャムで頑張ること。1日
ザ・ラストリゾート5.10c小川山2017年5月
☆☆☆
2ピッチ繋げてロープソロ、オンサイト。
フォーサイト5.10b?湯川2017年8月
成長を感じたクラック。
No. 1ルート5.10a湯河原幕岩2017年3月
フィンガージャムがいい。
オンサイト。
No. 3ルート5.10a湯河原幕岩2017年3月登りやすかったような気がする。
フラッシュ。
苔ジャム5.10a瑞牆山
クラック地獄
2017年10月
オンサイト
チーム・レッドボルト5.9障子岩2017年2月プロテクションは多様で面白い。
1日。
怪気炎5.9?KB岩2017年3月苦労したワイド。
4日?
コークスクリュー5.9湯川2017年8月オンサイト。
○マルチピッチ
ルート名グレード岩場日付コメント
スーパーレイン海金剛2017年4月☆☆☆
ロケーション最高。
○ボルダー
課題名グレードエリア完登日コメント
メインエリア下の逆さまの隙間山梨Rエリア2017年12月逆さまムーブが楽しい。
1日。
その下の隙間山梨Rエリア2017年12月出口が奮闘的。1日
鳩ノ巣ダイノ鳩ノ巣エリア2017年2月フィンガージャムからダイノの変わり者。
3日。
瑞牆大橋ルーフクラック瑞牆2017年11月ルーフのワイド。とてもいい。
道端のスラブY谷2017年11月小さいけどいい。
橋の脇の逆さまの隙間Y谷2017年12月逆さまムーブがとてもいい。
2日。
カジカが鳴いたら晴れだっちゃ昇仙峡・センチュリーバレー2017年12月ジムナスティックで楽しいトラバース。2日。
魂魄3級?昇仙峡
センチュリーバレー
2017年3月
現代的なムーブ。




2017年12月26日火曜日

スチャダラ通信15号「膝がかかったー!」

神戸ボルダー、スチャダラ。

スクワマでヒールフックが問題なくできた。ロックソックスを履いたのが良かったか?はたまた右手のフリクション全開で持てたからか?

それから、ニーバーがかかった。大躍進。左手のワイドピンチのフリクションがバリバリだった。しかし、右手は出ない。エッジを十分に踏めてなくてスメアになってるから、体重を完全に左足に乗せることができていない様だ。カツンとエッジを捉える感触を得る必要がありそう。

次回はそこ。

クリスマス前のツルツルズリズリ

山森さんとズリズリ。夜はクリスマス会を控えているので、お昼過ぎまで。狙いは山森さんが掃除してくれたツルツルのワイド・ボルダー2本だ。

一本目はマントルが少々難しい。先に完登した山森さんの真似をして華麗なマントルを試みたけど大失敗。見るも無残なアザラシマントルだった。


二本目は逆さまムーブからの乗っ越しがツルツルで奮闘的。以前御岳で登った隙間と同じムーブであることに気づき、完登。

ここから逆さまに

どちらも小粒ながらテクニカルで楽しい隙間であった。

その後は、未登の岩をいくつか見て、そのうち1つに手を付けた。程良い高さで緊張感のある課題。リップの処理が核心ムーブ。山森さんが見事に初登。僕は、リップを取るヒールフックがヘボすぎて、取ったはいいものの身動き取れず、敗退。

これは登りたかった。というよら、登りたい。

また行くよ。

2017年12月20日水曜日

スチャダラ通信第14号「進展もなければ進歩もない」

神戸ボルダーでスチャダラ。今回はあっきーと一緒。

問題1:持てない

なんだか持てない。アップでやってる開かずの扉のスローパーヘのぶら下がりができない。2日前のダメージの残ってる?乾燥しすぎ?と色々考えて、今いち乗り気にならないままヒールフックからの練習をするけど、全然持てないからダメ。終了時刻が迫ってきた頃に急に持てる様になって、これは指先のコンディションの問題と判明した。乾燥しすぎ。次回はまずは血流をあげる工夫をしてから登り始めよう。

問題2:ヒールが抜ける

スクワマでやってみたんだけど、やっぱりヒールフックが抜ける。アナサジ・ピンクでやってみても抜ける。体幹に2日目のダメージが残ってる?と思ったら、前回気づいたコツを忘れていた。ヒールかけて、右足トーを引っ掛けて、その後ヒールを潰す。1時間無駄にした。次回はちゃんとメモを持って行きましょう。

あっきーは粒踏みのコツを掴んだ様で、大きく前進していた。

僕は、進展もなければ進歩もない。いや、進展を期待できる取り組み方については気づきを得たか。これ進歩。

また今度。

山梨Y谷でズリズリ

なんだかんだでmickipediaのミッキー氏と二人で山梨でズリズリ。

何度登っても楽しいここでアップして、

岩と愛し合うミッキー氏

その後、日本一つらい初段は当然敗退。

そして、橋のすぐ脇のリービ課題で悶絶。ミッキー氏はリービやるの初めてと言いつつ、全く迷うことなくリービをキメて、スルスルと登ってしまった。いいイメージをもらったところでのラストトライで僕も完登。これはとっても嬉しかった。

それから、ナメクジの森へ。南西向きの山の上にあるこのエリアは、最後まで日が当たるので夕方に訪れるのが良い。キツツキが木をつつく音とか、いろんな鳥の鳴き声とか、木の葉をガサゴソとゆらずリス?の気配なんかを感じながら、暖かいオレンジ色の光に包まれるのがとっても気持ちいい。

ナメクジスラブはなんとか再登に成功した。直上Pは無理。また今度。

今回はいつもの指が伸びたアナサジ・ピンクとジャストサイズのスクワマの両方でやってみた。感覚が全然違って面白い。ラバーの粘りも全然違うし、スメアリングが効く面の大きさも違う。道具を使いこなすのも難しいね。

ミッキー氏から道具のこととか、スチャダラのこととか、色々聞けて面白かった。スチャダラへの気持ちも俄然高まった。

次回は、諸々の事情で今回は参加できなかった人たちとも登りに行きたい。

フラット・ホワイトday6

後一回くらいはやってみようと、フラット・ホワイト(仮)day7。今回は一人だけ。

強風に雪で極寒で、もう帰ろうかとも思ったけど、太陽が出てくるのを信じてぶら下がっていたら、だんだん暖かくなってきた。太陽の力は絶大だ。

核心部の始まりのレストポイントからムーブを探って、一つ目のプロテクションまでのムーブがなんとなくわかった。わかったというか、ムーブがあることはわかった。懸案だったプロテクションをセットする体勢も作れることがわかった。大きく前進。

また行くよ。次回はその上。

2017年12月14日木曜日

スチャダラ通信第13号「進展はなくても進歩はある」

仕事の合間に神戸ボルダー。

sghr師に会った。2年ぶりくらいか?登れそう登れそうといいながら電池切れに敗退してた。これ、あっきーと同じパターン。

僕のスチャダラは、スクワマのトウフックがきまらない理由が分かってきたり、スクワマのヒールフックが効かない理由が分かってきたり、ブカブカのアナサジ・ピンクでは粒は踏めなそうなことが分かってきたり、道具の理解が進んできた。さすが、sghr師。ジャストサイズのアナサジが必要か。でもスクワマが使いこなせるようになるのが一番いい。

ムーブにいろいろ気づきがあり、とりあえずメモ。

左足トウフックで左手を取ったら、右足クロスで奥に置く。左手親指をはずして左ヒールをかけ、右足トーかけたら、一旦左ヒールを良く見て潰す。次の左手はワイドピンチ。右足を解除して、粒踏み頑張る。左手の引き付けがポイント。


かぶちゃんさん


上から、手、頭、脇、ケツのライン。上げていこう。

フラット・ホワイトday5

 二週間ぶりか?屏風岩でフラット・ホワイト・プロジェクト(仮)。

yseさん、tnkさんという超強力な助っ人をえて、準備万端。ムーブもプロテクションも進展を見ること間違いなし!

まずはお二人がアイスドールを登った。二人とも一撃。綺麗なクラックを気に入っていただいたようで、ひとまず安心。

で、本題のフラット・ホワイト。

トップロープで2回ずつ。支点を補助ロープでリップから10mくらい下に下ろしたら、80m弱のロープで下まで届いた。70mでもギリギリ行けそうな気がする。


結果は、難しい、下にスラブに叩きつけられる、このカムでは落ちれない、そもそもセットの体勢を作れない。などなど、散々。

ここから核心部

さてどうしましょう。あと一度は行ってみる。


2017年12月12日火曜日

スチャダラ通信第12号「トウフックが分かった?」

神戸ボルダーでスチャダラ。今回はあっきーと一緒。

前回は粒踏みのムーブが分かりかけたというとこで、そこを重点的にやってみようと思ったけどなかなか上手くいかない。

そもそも、前回はアナサジ・ピンクなら頑張らなくてもかかると言っていたヒールが抜ける。前回履いていなかった靴下のせいか。でも靴下を脱いだら粒を踏めないことは明白。

困ったぞ。

その上、粒の上にチョークの塊を乗せる人とブラシでチョークを落とす僕の間で戦争が勃発しかねない状況に陥った(大袈裟。本当はストレスになっただけ)。

トウフックの練習に変更。

いろいろやった結果、だんだんとかかり始めた。意識すべきポイントは左膝にあったようだ。膝は内側に入れる。

それにしても、一年前トウフックに成功したのは一体何だったのか…

2017年12月7日木曜日

スチャダラ通信第11号「前進!」

ヒールフックが抜ける抜ける。スクワマの丸っこいヒールの使い方が分からない。しょうがないからアナサジを試してみたら、ヒールはバチ効き。


さらに、お強い人のアドバイスを受けて、粒踏みムーブが分かってきた。3点を引き絞って体を小さくまとめて引き上げる。特に左腕の引きが大事っぽい。

久々の進展があって超嬉しい!

2017年11月28日火曜日

フラット・ホワイトday4、道端のスラブ、カジカが鳴いたら晴れだっちゃ

4日目のフラット・ホワイト(仮)。

ホールドが壊れてムーブが未決になっていた下部スラブの上のスラブのムーブを解決して、一歩前進。そのあたりのプロテクションも確認した。

核心となる中間部はまだまだ。


中間部の全容

一人でやるには荷が重すぎるので、次回は超強力な助っ人を得る予定。

一人でロープにぶら下がり続けるのは精神を消耗するので、お昼過ぎには下山してお気楽ボルダリング。宿題になっていた道端のスラブを登った。


道端のスラブ

小さな岩のしょぼいラインだけど、ガバどりのムーブが僕の実力では秀逸だった。

最後は薄暗くなる中、カジカが鳴いたら晴れだっちゃ



吉田さんとsjさんが遊んだと言うトラバース課題は、中間部のムーブがアクロバティックで超面白い。暗くなってフットホールドが見えなくなっちゃったので、また次回。

2017年11月27日月曜日

スチャラダ通信第10号「神戸大好き」

またまたあっきーと神戸ボルダー。

いつでも登れそうだったあっきーの電池切れはこの日の1回目で完登というあっさりとした幕切れだった。あまりの薄味にそれほど嬉しくないのかと思ったけど、とても喜んでいた。めでたい。

で、スチャダラ。

強い若者にコツを教わった。言ってることの意味は分かった。

最近ようやく気付いたことだが、スチャダラは人によって言うことが全然違う。やることも全然違う。どのムーブをとっても全部違う。人それぞれ自分にあったムーブが違って、それを発見しなければ登れないのだろう(たぶん)。

で、ルーフもフックもムーブの引き出しが少なくてしかも弱い僕がそれをやるには、日数をかけないといけないんだと思う。それに、自分にあったムーブに出会える様にたくさんの人から話を聞くことも。

神戸には強い人しかいなくて気後れするし、寒いし、あまり居心地が良いとは感じないのだが、とにかく行く回数を増やすことから始めないといけないのだと思った。例えば、暖かさに惹かれて通いつめたり用もないのに様子を見に行ったりした障子岩とか、紅葉を見るためだけに訪れる価値があると感じそこにいてコーヒーを飲むだけで幸せになれるナメクジの森の様に。

そこにいる時間を重ねることが必要だ。

まずは神戸を好きになることから。

2017年11月13日月曜日

スチャダラ通信第9号「お久しぶり!」


・・・誰ですか?
もうやめたと思ってた 
って言ったのは!バンバンバンッ!
(トリビュート)

久々に行ってきた、神戸ボルダー。例によって、あっきーと一緒。
弱い弱い。やっぱり何もできない。
ここには僕より弱い人間はいないのだ。

ムタンテを完登する若者の気合の入った登りを見た。筋肉ムキムキの引き締まった背中を見た。もりもりトレーニングするモチベーションを得た。

また来るよ!

あ、あっきーはいつでも登れそうな電池切れを今日も登り損ねていた。しめしめ、また一緒に行こう。

バイシクルダイク@小川山から、ナメクジの森



小川山でバイシクルダイク。これが2回目。


厳しかったー。この夏は天候不順もあり小川山でスラブを登りこむことができず、スラブの力は衰えてしまっているようだ。一年前のナメクジスラブに取り組んでいた時期ならばまた違ったかもしれないけれど、今の落ちた力では太刀打ちができない。下部はなんとかなるが、上部はにっちもさっちも。

早々に諦めて、瑞牆を通過してナメクジの森に移動した。


紅葉の時期には森全体が黄金色に輝くナメクジスラブの森。空気までが黄金色に染まる金色森。一年前は何度もその美しさを目にすることができたけれど、今年はタイミングを失ってしまったようだ。わずかなその名残を楽しんだ。


金色森は静かで、鳥の鳴き声が響く。この日はリスも出てきた。林道からわずか10m入っただけなのに、動物たちの世界にお邪魔させてもらっている感じがとても気持ちいい。

ナメクジ直上は一歩前進。まだまだ行くぞ。

2017年11月3日金曜日

瑞牆大橋ルーフクラック・完登


ようやく晴れたお休みの日。瑞牆ボルダー・エリアに向かった。狙いはもちろん、瑞牆大橋ルーフクラックだ。この日は久々にアッキーと一緒だ。

瑞牆大橋のエリアは、夏は鬱蒼としているが、頭上の木の葉があらかた落ちたこの時期は、明るく陽が差し込みとても気持ちが良い。岩もカラカラに乾いていてフリクションは抜群だ。岩の上に積もった木の葉をざっと取り払った後に、早速ルーフに潜り込んだ。

前回まで水が流れ込んで触れなかった出だしのリップが乾いている。毎回泥から掘り起こしていたエッジがいつでも握ってくれと言わんばかりに露出していた。ヌルヌルと抜けてきていたシンハンドがビシバシときまる。

ルーフクラック


数度のトライで体を温め、忘れかけていたムーブを思い出して、遂に岩の上に立った。

アッキーは右の3級らしいマントル。力と技術の両方を要求されるなかなかの課題のようで、僕は登れなかった。アッキーは左下のSDスタートでも登っていた。

右のマントルSD

左後ろの尖った岩の課題は面白い。僕が一抜け、アッキーも続いた。すぐ左のカンテをアッキーはさらっと登った。僕はどハマり。アッキーの助言と励ましを受けて、なんとか登ることができた。カンテ右のスラブをノーハンドで遊んで、移動。

左のカンテ

アッキーが言葉か物かをやりたいというので、言葉岩へ向かった。アッキーは早々に諦めた。僕は言葉岩とダブルカンテの岩の隙間を数年ぶりに登って、成長を感じた。それとともに、とても良い隙間だと再確認した。

隙間

皇帝岩に移動。スラブ面の4級の課題と6級の課題を二人とも登った。どちらも素晴らしい課題。それから、フリークエント・フライヤーズ。アッキーは一本指ポケットが痛い痛いと叫びながら頑張っていた。僕は初手が止まらなかった。

ピョンピョン跳びたいということで、山形県エリアの背骨岩に来た。ランジ3級をアッキーはさらっと登り、僕はどハマりした。初手からランジ一発。気合で初手を止めたら、足は切れなかった。

その上でもピョンピョン飛べるらしいということで、十六夜の下の岩。見た目に反して易しかった。跳び足りなかったので、左のカンテからリップまで跳んでみることにした。アッキーはさらっと登り、僕はどハマりした。最後の力を振り絞ってダブルダイノをとめた。

その下には見えたスラブが楽しそうだったので見てみたら、チップとデールの岩の右面スラブだった。8級と6級。どちらもポケットが気持ちいい、なかなかのスラブだった。マントルの緊張感もいい。

最後に適当な隙間にはさまって、おしまい。

2017年10月14日土曜日

完登ルート&ボルダーのリスト - 2017年版

忘れないうちにメモ。ルートとボルダーの記録。☆は個人的なお楽しみ度。

2017年最終盤。


○スポーツルート
ルート名グレード岩場RP日コメント
アドレナリン・ジャンキー5.12+?障子岩
南東面
2015年2月☆☆☆
出だしから実質終了を告げるガバ取りまでの15手。一切休めず、ずっと厳しい。
6日。
ステルス5.12b天王岩2014年3月☆☆☆
出だしからリップ取りまでの10手。一切休めず、ずっと厳しい。
6日?
ブラックマーケット5.12a白妙橋・
正面壁2階
2013年12月☆☆☆
弱点を突くいいルート。ロケーションも最高。
5日。
MT5.12a?奥多摩の岩場2014年4月☆☆☆
ハング下からレストポイントまでの一連のホールドとムーブが多彩で面白い。
3日。
543...5.12a?奥多摩の岩場2014年5月
長いルートの攻め方の勉強になった。
4日。
アーバンテイスト5.12a障子岩2015年5月☆☆
個性的なムーブがとても良い。
5日。
イクイノシシ5.11d氷川屏風岩
C峰
2012年12月☆☆☆
密度高い。ロケーション最高。
フォトジェニック。
3日、9便。
デザート・ストーム5.11d障子岩
南東面
2013年2月☆☆☆
結構かぶってる。密度高い。
レストを学んだ。
3日、7便。
大奥5.11d障子岩・
襖岩
2013年9月☆☆☆
ハング下の変態ムーブが最高に面白い。
2日。下部共通の《お局様》のトライを入れると4日。
トントン5.11d?池田フェイス2014年2月☆☆
ムーブを発見するのが難しく、発見されたムーブも厳しい。トポでは5.11bですけど、11dを提唱したい。
4日?
C&Cの下部5.11d?奥多摩の岩場2014年4月
ストレニでよい。
2日。
ディレッティシマ・ドラゴン5.11d河又
シュテファン・
フェイス
2014年12月ルートの内容はとてもいいけど、ムーブを教えてもらう取り組み方はダメ。
1日。
スティンガー5.11c/d池田フェイス2012年10月☆☆☆
岩の中央を一番高いところまで一直線に斜上。
見栄えのするルート。疲れない登りを学んだ。
2日、6便。
ショアー5.11c障子岩
南東面
2013年2月
下手をすると指に穴があく突起ホールドの処理が楽しい。
2日、5便
ホールインワン5.11c障子岩・
三池ロック
2013年3月☆☆☆
2つの核心ムーブがしびれる。バランス系。
2日、4便。
ロリータ桃子ダイレクト5.11c障子岩
南西面
2013年4月☆☆☆
大きなムーブの薄かぶりから、珍しい石灰岩のスラブ。
2日、10便
お局様5.11c障子岩・
襖岩
2013年5月☆☆
意外とかぶってる。デッドでばっしーん。
密度高い。
2日、6便。
ロックダンサー5.11c榛名黒岩2013年11月☆☆☆
カンテのトリッキーなムーブが最高に面白い。 密度高い。
2日。
野生の風5.11c障子岩
南西面
2013年11月☆☆☆
ポケット。ムーブ探りが最高に面白い。 密度高い。
ほぼ1日。
錦繍の谷5.11c川乗の岩場2014年1月
ムーブが分かりづらく、それを探るのが面白い。 密度高い。
1日。
パワーシフト5.11b/c天王岩2011年3月
このグレードで出会うカチの小ささを学んだ。レッジに上がらなかった心残り。
1日、3便。
八月革命5.11b天王岩2011年9月☆☆☆
初めての5.11。登りたくて、登れて嬉しかった。密度高い。これもレッジに上がれるのか?
3日、8便(くらい)。
黒山讃歌5.11b聖人岩2012年2月☆☆
一本指ポケットを使った。
1日、4便。
ニトロ5.11b障子岩
南面
2012年3月出だしだけめちゃパワフル。
1日、数えきれないくらい。
貂が見ていた5.11b聖人岩2012年4月石灰岩らしからぬ明瞭なホールド。
フラッシュ。
ニルバーナ5.11b天王岩2012年9月上部ボルト1本分の薄かぶりだけ。
2日、3便。
スーパー・コンダクター5.11b障子岩
南東面
2013年1月☆☆☆
結構かぶってる。石灰岩らしいムーブでよれたところでの核心ムーブが厳しい。密度高い。
1日、2便。
モモンガ・キッド5.11b聖人岩2013年5月☆☆☆
結構かぶってる。フィジカルを要求される、密度の高い1本。
1日、3便。
パワー&ストレッチ5.11b障子岩
南面
2013年5月☆☆
結構かぶってるけど、ステミングで傾斜を殺せるユニークなルート。
フラッシュ。
MDDダイレクトの下部5.11a/b奥多摩の岩場2014年4月
リップ取りまでの一連のムーブが厳しく、良い。
2日?
マグネットうりがもも5.11a湯河原幕岩2012年1月岩が冷たかった。
1日、いっぱい。
イヤーイヤ5.11a川又2012年3月フットホールドがツルツル。
デカコルネにまたがって休むのがハイライト。
1日、2便。
カイーノ5.11a天王岩2012年9月☆☆
1本目のボルトにクリップするまでが核心で、その前に落ちたら死ねる。
それを乗り越えるのが楽しい。
1日、2便。
DDT5.11a小川山
屋根岩2峰
2012年9月下部はフェース、上部はスラブのマントル、だったような。
1日、2便。
筋違い5.11a障子岩
南東面
2012年12月石灰岩の苦手意識が出るルート。
再登できない。
1日、3便。
指切りケンちゃん5.11a障子岩
南東面
2013年1月
核心の遠い1手が苦手。再登できない。
1日、4便。
ジョン・ガーバー5.11a障子岩
南東面
2013年1月☆☆
ホールドが分かってしまえば、大きなムーブを数発で気持ちいい。
1日、2便。
OB5.11a障子岩・
三池ロック
2013年3月☆☆
ルートファインディングが難しい。
名前が秀逸。
2日、3便。
夏立ちぬ5.11a障子岩
南面
2013年5月
下はガバでグイグイ。上部核心は垂壁のムーブ。
1日、2便。
虹の戦士5.11a?障子岩
南東面
2014年1月トポのグレードは5.12a。僕のリーチだと、5.11aくらい?かぶったスラブ。
2日。
パズル5.11a小川山
星の塔
2014年8月☆☆☆
初めての5.11のオンサイト。B&NP。フェース、マントル、スラブ、クラックの総合力。とてもいい。
OS
平成方丈記5.11a障子岩・
三池ロック
2015年2月
緊張感があって、とてもいい。バランス。
1日、3回。
デルパワーX5.11a障子岩
南西面
2015年12月☆☆
ストレニアスでとてもいい。
2日。
5.11a障子岩
南西面
2015年12月☆☆
ムーブが個性的でとてもいい。
1日、3回。
ワイルドハート5.11a障子岩
南西面
2016年1月☆☆☆
上部ムーブの緊張感が素晴らしい。
2日。
ハートルート5.11a城山2017年3月
オンサイトトライを楽しんだ。
オンサイト。
シャックシャイン5.10d湯河原幕岩2012年1月長い。
1日、2便。
ジェラシー'955.10d障子岩
南東面
2012年12月☆☆
出だしのデカコルネの処理が楽しい。
フラッシュ。
イ短調5.10d川乗
メロディー・
フェイス
2013年3月
ガバで快適。
マスターOS。
ガバボン5.10d障子岩・
三池ロック
2013年3月
名前の通り。
マスターOS。
サイクリスト5.10d障子岩・
襖岩
2013年5月☆☆☆
スローパーとスメアのバランス系。ヒール・アンド・トー。密度高い。
1日、2便。
きいてないよー5.10d池田フェイス2014年1月冷たかった。
1日、2便。
味自慢5.10d障子岩2015年5月
リズムの変化と大胆さがなかなか良い。オンサイト失敗。
1日、2便。
檜原御殿5.10d障子岩・
襖岩
2015年4月
シビアなフットワークがとても良い。オンサイト失敗。
1日、3便。
仰げば尊し5.10d城山2017年3月現場処理に成功。
オンサイト。
ぷらり5.10cカーネルロック2011年8月名前の通り。
2日、たくさん。
へそまん5.10cカーネルロック2011年8月意外と悪かった。
マスターOS。
保谷納豆5.10c三ノ木戸2012年1月
最後のデッドがしびれる。
そこがアルミハンガーで怖かったような。
帰還兵5.10c湯河原幕岩2012年1月
レイバックが面白い。1日2便。
レギュラー5.10c小川山
マラ岩
2012年5月普通のフェース。
フラッシュ。
体型だけでイレブン5.10c障子岩
南東面
2012年12月☆☆
ポケットからの数手がいい。
フラッシュ。
熊猫5.10c障子岩
南東面
2013年1月頭上が狭くて面白い。
2日2便。
タンスにゴン5.10c障子岩・
三池ロック
2013年3月☆☆
ポケットとカンテで面白い。
OS。
鹿ノ子5.10c障子岩・
襖岩
2013年5月☆☆☆
立体的。悪いホールドを耐えてから、ガバにドカンが楽しい。
密度高い。
2日、2便。
コグレ大サーカス5.10c小川山
屋根岩2峰
2013年7月珍しく花崗岩のフェースも登ってみた。
1日、2便。
蜃気楼5.10b/c天王岩2011年5月
リップ取りとマントル。
OS。
勉太郎音頭5.10b/c天王岩2011年9月長かった気がする。
フラッシュ。
ノーリー5.10b/c天王岩2011年9月長かった気がする。
マスターOS。
涅槃の風5.10b天王岩2011年5月
垂直だけど意外とフィジカル。
フラッシュ。
オサムシ5.10b三ノ木戸2012年1月
石灰岩らしい立体的なムーブ。密度高い。
麦畑5.10b川又2012年3月記憶にない。
マスターOS。
コーヒータイム5.10b聖人岩2012年4月記憶にない。
マスターOS。
ヤマネコロコロ5.10b川乗
ヤマネの塔
南東面
2013年3月長い。
マスターOS。
壁に穴あり5.10b川乗
レディーバード・
フェイス
2013年3月
個性的でよい。
1日、2便。
ギャオス5.10b小川山
屋根岩5峰
2012年7月☆☆
ロケーション最高。ルート自体は普通。
フラッシュ。
襖の下張り5.10b障子岩・
襖岩
2013年5月☆☆☆
密度高い。下から上までずっと面白い。
無駄のない充実したルート。
2日、2便。
梅ごのみ5.10b聖人岩2013年5月フットホールドがツルツル。
フラッシュ。
雨宿り5.10b北川の岩場2014年6月ひたすらカチを握り込んで引く。終了点が中途半端。
オンサイト。
麦畑5.10b河又の岩場2015年2月コーナーかと思いきやほぼ平面?強引に登ってしまったかも。
オンサイト。
ディスコ・バージョン5.10b河又の岩場2015年2月カンテかと思いきやほぼ平面?カチの保持力。
2日。
ファースト・フィンガー5.10a/b池田フェイス2012年10月☆☆
上部パンプした。なかなかの充実感。
フラッシュ。
セント・フローリア5.10aカーネルロック2011年8月快適。
マスターOS。
小手調べ5.10a三ノ木戸2011年12月☆☆
石灰岩らしい大きくて立体的なムーブ。密度高い。
TNT5.10a障子岩南面2012年3月下が意外と悪かったような。
1日2便。
ミヤザキミドリ5.10a川又2012年3月記憶にない。
マスターOS。
ダイエットシェイク5.10a聖人岩2012年2月記憶にない。
フラッシュ。
もみじ5.10a小川山
兄岩
2012年6月ボルトのクラック。内容は記憶にない。
フラッシュ。
ペッペッペの羽田さん5.10a障子岩
南東面
2012年12月☆☆
ガバで快適。
フラッシュ
どこふく風5.10a川乗
期待はずれ
フェイス
2013年3月限定あり。限定するのが難しかったような。
マスターOS。
うたかたの時代5.10a川乗
ディンギー・
フェイス
2013年3月出だしが悪かった。
マスターOS。
ダーティペア5.10a白妙橋
カワラフェイス
2013年12月上部ワンムーブがひたすら悪い
1日、4便。
クラックジョイ5.9天王岩2011年冬☆☆☆
岩場のど真ん中の贅沢なルート。
OS。
おっとりマミちゃん5.9聖人岩2012年2月下部ホールドが小さくて悪い。上部は岩が浮いている。
フラッシュ。
ブラウンアイズ5.9池田フェイス2012年10月もろそう。
フラッシュ。
ビタースウィート5.9池田フェイス2012年10月☆☆
ガバでグイグイ快適。
フラッシュ。
熱中症5.9?障子岩
南東面
2012年12月5.9ではありえないホールドを使った。
ライン取りを間違った?
フラッシュ。
チーム・レットボルト5.9障子岩
南東面
2015年1月変なボルト。アップ向きではなかった。
マスターOS。
忍吉985.9河又の岩場2015年2月☆☆
素直なホールドで大きな動き、とてもいい。
マスターOS。
ティータイム5.8聖人岩2012年4月記憶にない。
マスターOS。
期待はずれ5.8?川乗
期待はずれ
フェイス
2013年3月とてつもなく悪い。
マスターOS。
○スラブ
ルート名グレード岩場RP日コメント
ホップ・ステップ・ジャンプ5.11c小川山
オーバーヒート
下の岩場
2014年9月☆☆☆
下部の厳しいプッシュと立ち込みがいい。上部はカンテを登った。
3日。
PTA5.11b小川山
屋根岩2峰
2013年7月☆☆☆
下部はフットジャムとスメア。中間部はスメア。
緊張感あるムーブが続く。
3日、4便。
スラブの逆襲5.11b小川山
ソラマメ下部
2014年8月
上半身主体のムーブで、指が強ければ登れる。
1日、3便。
フラッシュダンス5.11a氷川屏風岩
A峰
2012年11月☆☆
エッジング系。厳しい。指が痛い。
2日、3便。
オレンジロード5.11a小川山
マラ岩
2013年7月☆☆☆
初めてRPした11台の花崗岩のスラブ。
ハイステップができなくてスメアで1歩上がって解決。
1日、無数のトライ。
ナデシ5.11a小川山
最高ルーフ左の岩
2013年8月☆☆☆
核心はエッジの立ちこみ。緊張感あっていい。
その後のスメアもなかなか楽しい。
1日、2便。
JECCルート5.10d小川山
ラ岩
2012年8月☆☆☆
スメアとポケットのスラブ。
最後のマントルもしびれる。
2日、3便。
スラカン5.10d小川山
屋根岩4峰
2012年7月
スラブ状のカンテ。
リーチムーブで解決。
フラッシュ。
マザーグース5.10d榛名黒岩2013年5月
エッジング系。
マスター・OS。
ポケットマントル5.10d小川山
カモシカサイド
ロック
2013年7月☆☆☆
クラシカルな名作。
ライン取りが素敵。
マスター・OS。
冥土の土産5.10d天王岩2014年9月
チャート。厳しいエッジング。
何日も
白糸5.10c/d小川山
最高ルーフ左の岩
2013年8月
下部カンテ左に出るところが悪くて、リーチムーブで解決。
マスター・OS。
アバタもエクボ5.10c小川山水晶スラブ2012年7月☆☆☆
スメアの1歩がしびれる。
1日、2便。
届け手のひら5.10c小川山
マラ岩
2012年8月☆☆
気持ちの良いスラブ。
フラッシュ。
ミニマックス5.10c榛名黒岩2013年5月
エッジング系。
フラッシュ。
ジャーマン・スープレックス5.10c小川山
左岸スラブ
2013年8月☆☆☆
緊張感あるムーブが最後まで続く楽しいスラブ。スメア。
ロープソロで初めてRPしたルート。
これがジャックの
結婚記念ルートでは
あんまりでせうか?
5.10c小川山屋
根岩2峰
2013年7月☆☆☆
ムーブが最高におもしろい。
1日3トライ。
南風5.10c小川山
もどき岩
2015年7月☆☆☆
勢いの一歩と、そのあとのアクロバティックなムーブ。
2日。
ノイズイノ5.10b小川山
屋根岩4峰
2012年7月
見た目が面白い。エッジングだったかな?
フラッシュ。
ブラック&ホワイト5.10b小川山左
岸スラブ
2012年9月☆☆☆
核心の1歩がしびれる。
1日、3便。
アルカディア5.10b榛名黒岩2013年5月エッジング系。隣と近い。
1日、2便。
トライ・アンド・エラー5.10b榛名黒岩2013年5月
エッジング系。
フラッシュ。
往年の乱5.10b小川山
左岸スラブ
2013年6月☆☆
ルート取りを間違った。
ボルトに忠実に真っ直ぐ登る。
緊張感のあるムーブがいい。
1日、2便。
発熱の街角5.10b小川山
カモシカサイド
ロック
2013年7月
終始マントルとレイバック。
1日、2便。
放浪癖5.10b小川山
スラブ状岩壁
2013年8月
RCCが2本。
左トラバース核心は緊張感があって面白い。
1日、2便。
カシオペア軌道(1P目)5.10b小川山
妹岩
2013年8月☆☆☆
絶妙なボルト位置、NP、これはトラッドと言ってもいいはず。
1本目のボルト上の立ち込みがしびれた。
オリジナルの左ルートでRP。
2日、5トライ。
甘食5.10b小川山
そら豆下部スラブ
2013年7月上部ハングを右に巻いて乗り越すところだけ。これはスラブなのか?
フラッシュ。
マダムバタフライ5.10b小川山
リバーサイド
2013年8月左のルートに近いホールドを使わないように気を遣わないといけない。
OS。ロープソロ。
何も言うことはない5.10b小川山
リングサイドエリア
2015年7月
ホールドのないスラブの登り方、勉強になりました。
1日。
メイストリーム5.10b小川山
おむすび山スラブ
2015年7月核心部でちょっと苦労した。
1日。
穴があったら出たい5.10a/b小川山
スラブ状岩壁
2013年8月
ムーブが面白い。結構エッジ。
1日、2便。
小さな親切大きなお世話5.10b小川山
プチロック
2016年7月☆☆☆
緊張感とムーブの面白さを兼ね備えた素晴らしいグラウンドアップのルート。
マスターOS。
越境者5.10a小川山
水晶スラブ
2012年9月
気持ちの良いスラブ。
マスターOS。
直上右ルート5.10a氷川屏風岩
A峰
2012年11月
エッジング系。厳しい。
2日、2便。
チェス5.10a榛名黒岩2013年5月エッジング系。隣が近い。
1日、2便。
走れメロス5.10a小川山
左岸スラブ
2013年6月☆☆
スメアリングのスラブでおもしろい。ほぼノーハンドあり。
マスターOS。
三色すみれ5.10a小川山
そらまめ
下部スラブ
2013年8月上部のムーブはフェースっぽかったような。
OS。ロープソロ。
タジヤン45.10a小川山
兄岩
2013年9月OS。なんてことない長いスラブ。どこまで使っていいのかよく分からない。
カーチェイス5.10a白妙橋2015年6月大掃除の末にRP。なかなか良い。
1日。
Unspeakable5.10a小川山
リングサイド
エリア
2015年7月
ホールドのないスラブの登り方、大変勉強になりました。
2日。
無名ルート5.10a小川山
おむすび山スラブ
2015年7月心地よいランナウト。
1日。
ラベンダー(1P目)5.10a小川山
おむすび山スラブ
2015年7月☆☆☆
緊張感あるマントルと、ランナウト。とてもいい。
ウィスキー・キャット5.10a小川山
ガマスラブ周辺
2016年7月
長くてオンサイト・トライにはいい。
OS。
KC’S Banana Cake5.10a小川山
ガマスラブ周辺
2016年7月下部は面白い。
マスターOS。
ぶんぶく5.10a小川山
続おじさん岩
2016年7月
短く厳しいムーブでいい。
マスターOS。
無名スラブ5.9瑞浪屏風岩2012年3月☆☆☆
初めてのどスラブ。
マスターOS 。
ウォーターシュート5.9瑞浪屏風岩2012年3月☆☆☆
2つ目のどスラブ。
マスターOS。
ソラマメ5.9小川山
ソラマメスラブ
2012年9月
ランナウトが気持ちいい。
マスターOS。
屋根の上のタジヤン5.9小川山
マラ岩
2012年5月普通。
フラッシュ。
小川山物語5.9小川山
父岩
2012年5月エッジング系。ロケーションは良い。
フラッシュ。
ダーク・クリスタル5.9小川山
屋根岩2峰
2012年9月
ランナウトが気持ちいい。
マスターOS。
ビスタの夏休み5.9小川山
左岸スラブ
2013年6月☆☆
スメアリングのスラブで楽しい。
マスターOS。
生木が倒れたよ5.9そらまめ下部スラブ2013年8月上部のムーブはフェースっぽかったような。
OS。ロープソロ。
ブラックシープ5.9小川山・
サイド
2013年8月普通。
OS。ロープソロ。
アウト・オブ・バランス5.9小川山
リバーサイド
2013年8月一直線に走るクラックがカッコいい。終了点からの眺望も良い。
OS。ロープソロ。
ゴング5.9小川山
リングサイドエリア
2015年7月アップに最適
OS。
川上小唄5.8小川山
マラ岩
2012年5月普通。
フラッシュ。
マイルドタジヤン5.8小川山
ソラマメ下部スラブ
2012年9月
気持ちの良いスラブ。
マスターOS 。
かわいい女5.8小川山
スラブ状岩壁
2013年8月終了点及び上部のライン取りが不明。
マスターOS 。
Song of Pine5.8小川山
スラブ状岩壁
2013年8月快適。
フラッシュ 。
○トラッド・ルート
ルート名グレード岩場RP日コメント
センチュリー・フォー・カラーズ5.12b昇仙峡2016年5月☆☆☆
何もかも最高。
喜び讃えよ 主イエスは生まれぬ(Noel)5.12b?昇仙峡2017年4月☆☆☆
おそらく初登。とても美しく、厳しい。
ラブ・イズ・イージー5.11a?小川山
無名岩峰
2017年10月
考えさせられる楽しいルート。
走れメゴズ5.11?昇仙峡2016年2月
フィンガージャムの練習に最適。
走れメゴス・ライト5.11?昇仙峡2016年5月
フィンガージャムの練習に最適。
スーパームーン5.10+?奥多摩の岩場2014年12月☆☆☆
初めてのトラッド・ルートの初登。奥多摩らしい、短く面白いムーブ。
4日間、苦労した。
COMPASSION5.10+?Zの岩場2017年2月☆☆
たぶん初登。プロテクションもムーブも面白い。ランナウトもよし。
3日間。
ジェラシー '955.10d障子岩2015年2月ジャミングしないのボルトのスポルトルートをNPでなんちゃってトラッド、その2。その楽しさはまだ分からない。
ジェラシー 20155.10d?障子岩2015年4月ジャミングしないのボルトのスポルトルートをNPでなんちゃってトラッド、のSDバージョン。
サイコキネシス5.10d湯川2017年8月
甘いジャムで頑張ること。1日
むかしクラック5.10cむかしクラック2015年3月☆☆☆
山野井さん初登のどっかぶりのクラック。中間部のきめにくいハンドに苦労した。
ザ・ラストリゾート5.10c小川山2017年5月
☆☆☆
2ピッチ繋げとロープソロ、オンサイト。
シルバーフリーウェイ3P目5.10b瑞牆山
御祝儀岩
2015年10月
スラブとワイドクラックの中間。がんばった。
フォーサイト5.10b?湯川2017年8月
成長を感じたクラック。
フィストクラック5.10八千穂高原ボルダー
八嶺橋エリア
2015年10月
甘いハンドとフィストと、立体的でワイドっぽい動き。勉強になりました。
SOLIDARITY5.10?Zの岩場2016年6月☆☆
たぶん初登。小さいプロテクションが楽しめる。
アイスドール5.10?KB岩2016年7月☆☆☆
全長30mで、ずっと楽しい。ロケーションも最高。
ペッペッペの羽田さん5.10a障子岩2015年1月ジャミングしないボルトのスポルトルートをNPでなんちゃってトラッド。その楽しさはまだ分からない。
a岩クラック5.10a?a岩2015年5月
チャートのハンド〜フィストのクラック。プロテクションの勉強になった。
カーチェイス下部var.5.10a白妙橋2015年6月
ボルトのスポルトルートをNPでなんちゃってトラッド。ナッツ主体でなかなかよかった。
フィンガークラック5.10a八千穂高原ボルダー
水門エリア
2015年10月
効かないフィンガージャム。ボルダーで。
No. 1ルート5.10a湯河原幕岩2017年3月
フィンガージャムがいい。
オンサイト。
No. 3ルート5.10a湯河原幕岩2017年3月登りやすかったような気がする。
フラッシュ。
苔ジャム5.10a瑞牆山
クラック地獄
2017年10月
オンサイト
陽のあたる場所5.9/10a小川山
お殿様岩
2014年6月☆☆☆
ランナウトしまくりで死ぬかと思った。
会心のオンサイト。
予期せぬプレゼント5.9+小川山
お殿様岩
2014年7月☆☆☆
言わずもがなのoffwidthのメガ・クラシック。トンネルに入ってロープが大変。
2日。
夏風5.9+小川山
藐姑射岩
2014年8月
ハンド。
OS
金太郎5.9小川山
兄岩
2012年6月☆☆☆
初めてのナッツ。全てナッツ。
1日、2便。
龍の小太郎5.9小川山
妹岩
2012年9月☆☆☆
上はレイバックで抜けた。
最高フレーク5.9小川山
兄岩
2013年9月悪いよ。プロテクションも難しかった。
OS。
八王子ルート(1P目)5.9小川山
兄岩
2013年9月
前半のズリズリが楽しい。そのあとのフェースっぽいムーブがちょっと悪かった。
OS。
小川山レイバック5.9小川山・親指岩2013年8月☆☆☆
言わずもがなのメガ・クラシック。楽しかった。上のスラブのトラバースが濡れてて緊張したうえに、回収に苦労した。
フラッシュ。
裏面クラック5.9?大丹波
ボルダー
2015年6月
フィンガーの勉強になりました。怖かったのでカムでリード。
フィンガークラック5.9?障子向かいの岩2015年6月
ロープソロでリード。初登。
冬の誘い(1P目)5.9小川山
藐姑射岩
2015年7月
勉強になりました。
1日。
仰げばみ空に きらめく明星(あかぼし)5.9?KB岩2016年12月
勉強になりました。
1日。
チーム・レッドボルト5.9障子岩2017年2月プロテクションは多様で面白い。
1日。
怪気炎5.9?KB岩2017年3月苦労したワイド。
4日?
コークスクリュー5.9湯川2017年8月オンサイト。
余裕のよっちゃん5.8瑞浪2012年3月☆☆☆
初めてのトラッド。
1日、3便。
森林浴5.8小川山
ハコヤ岩
2013年7月
ほぼフェースムーブ。
プロテクションもセットしやすい。
気持ちよく登れる。
オンサイト。
ホリデー5.8小川山
マラ岩
2013年7月☆☆☆
RCCは初登時はなかった?知らずに使いましたけど。
おもしろい。オンサイト。
愛情物語5.8小川山
妹岩
2013年8月☆☆☆
初めてNPで本気で落ちたルート。カムの練習に良い。
2日、2トライ。
ジョイフルジャム5.8小川山
弟岩
2013年9月☆☆
気持ちいいハンド。
OS。
高橋さんのクラック5.8小川山
月の塔
2014年8月
ハンドジャムとレイバック。
OS。
コーナークラック5.7天王岩2012年9月身近なトラッド。
○マルチピッチ
ルート名グレード岩場日付コメント
スーパーレイン海金剛2017年4月☆☆☆
ロケーション最高。
トキオ83'(2P)5.10b、5.9小川山
屋根岩4峰

1P目コーナーが緊張感あっていい。2P目見えないところに突っ込むのが楽しい。
シルバーフリーウェイ(3P)5.10b、5.10a、5.10b瑞牆
御祝儀岩
2015年10月☆☆☆
プアプロテクションのスラブから、ワイドクラック。勉強になりました。
(3Pをリード。1、2Pをフォロー) 。
ジェットストリーム延長(3P)5.10b小川山
屋根岩2峰
2015年10月☆☆☆
情報のないワイドクラックに潜り込む冒険。最後のクラックは混雑で省略。
(3Pをリードでテンション。1、2Pをフォロー) 。
かにもどき(3P)5.9小川山
藐姑射岩
2015年7月☆☆☆
先の見えないトラバースに突っ込む冒険。
(1、3Pをリード。2Pをフォロー) 。
南回帰線
(2P)
5.10b小川山
もどき岩
2015年7月☆☆☆
緊張感満載のトラバースの1P目。リードもしたい。
(2Pをリード。1Pをフォロー) 。
セレクション(6P)5.9小川山
屋根岩2峰
2013年9月☆☆☆
言わずもがなの最高に楽しいマルチピッチ。
(1、3、4、6Pをリード。あとはフォロー) 。
ガマルートもどき5.8小川山
ガマスラブ
2013年8月ガマスラブ周辺を適当にライン取り。
全PリードでOS。
ジェットストリーム(2P)5.10b、5.10a小川山
屋根岩2峰
2012年9月☆☆☆
ユニークなトラバース・ルート。
1P目フォローでフラッシュ、2P目リードでOS。
ラベンダー(2P)5.10a、5.10b小川山
おむすび山スラブ
2012年9月☆☆☆
薄いダイクを手のひらでプッシュして手に足マントル。しびれる。
全Pフォローでフラッシュ。
春の戻り雪(4P)5.7小川山
左岸スラブ
2010年8月(フォロー) 2012年8月(リード)☆☆☆
頂上で景色を眺めながら飲む珈琲が最高にうまい。
○ボルダー
課題名グレードエリア完登日コメント
閻魔帳山梨Rエリア2016年1月見た目もクライムも極上の隙間。
2日。
山梨Rエリア2016年3月つるつるの花崗岩に張り付くのが楽しい。
初登。1日。
はるか近くのフィンガー山梨Rエリア2016年3月ルーフのフィンガージャムが楽しい。
1日。
傷心物語山梨Rエリア2016年4月面白い見た目。
1日。
正統派山梨Rエリア2016年4月正統派ワイド登り。
初登。1日。
パックマン山梨Rエリア2016年4月不思議な形状のワイド。
初登。1日。
ルーフ隙間山梨Rエリア2016年4月ハンドジャムでのルーフのムーブが最高。
1日。
メインエリア下の逆さまの隙間山梨Rエリア2017年12月逆さまムーブが楽しい。
1日。
その下の隙間山梨Rエリア2017年12月出口が奮闘的。1日
大丹波ワイド大丹波ボルダー2016年3月立派なワイドクラック。
初登。1日。
たえなるみ歌は 天(あめ)よりひびきぬKB岩2016年12月とてもいいドスラブ。
6日。
鳩ノ巣ダイノ鳩ノ巣エリア2017年2月フィンガージャムからダイノの変わり者。
3日。
瑞牆大橋ルーフクラック瑞牆2017年11月ルーフのワイド。とてもいい。
道端のスラブ?Y谷2017年11月小さいけどいい。
橋の脇の逆さまの隙間?Y谷2017年12月逆さまムーブがとてもいい。
2日。
ファットブロッカー初段御岳2011年12月初めての初段。5日間、100回くらいリップを叩きまくった。ピンチが欠ける前。
デッドエンド横断初段御岳2011年12月最後で苦労した
ファットアタッカー初段御岳2012年2月いろいろ崩壊してる最中に登った。
マルガリ初段?御岳2012年12月実質1日。下地が上げられて簡単になっていたのが心残り。本来の位置から登りたい。
亀返し初段御岳2013年12月13日。苦労した。
ウラヌス初段?天王岩2014年1月6日。苦手系で苦労した。勉強になりました。
色即是空初段天王岩2014年1月2日。
有朋自遠方来初段河又の岩場2015年4月未知への挑戦が最高に楽しかった。初登。
4日。
ドクマティック1級/初段昇仙峡2015年12月個性的なマントルがいい。
1日。
小百合1級/初段昇仙峡2015年12月ルーフのムーブと、上部フェースのムーブがいい。
1日。
忍者返し1級御岳2011年2月初めての1級。下地が上がっていて、ガチャガチャホールドから。本来のスタートからも登りたい。
三日月ハング1級小川山2011年9月エイハブ船長と同じ日に登れた。
エイハブ船長1級小川山2011年9月三日月ハングと同じ日に登れた。
流れの中で1級小川山2011年9月
猫砂1級御岳2011年11月上部アンダーフレークを親指で引っ掛けて左手をアンダーに持ち変える特殊ムーブ。
丸こんにゃく中央1級御岳2011年11月
豚の鼻1級御岳2012年10月
立ち鵜1級御岳2012年12月
無名1級川井2013年4月
深呼吸1級十里木ボルダー2013年6月サイファーの練習が活きた。
ジュリエット1級裏御岳2013年11月1日。サイド・ガバがガバッと落ちそう。
ナーガ1級瑞牆2013年11月1日。ハンドとフィストのジャミングで耐えた。1日。
ダウンはいらない1級小川山2014年7月2日。すばらしいドスラブ。
黒豆1級小川山2014年7月幾日も打ち込んだ。厳しいマントル。
一輪車1級?三峰2014年10月スローパーが印象的でとてもいい。
黒本では初段、日本ボルダリングエリアでは2段。この日はコンディションが信じられない位良くて、1級に感じた。
池田カンテ1級三峰2014年11月ラップが印象的でとてもいい。緊張感ある下地もよし。
水滴穿石1級?北秋川ボルダー2015年3月水流で磨かれたツルツルの石灰岩のスメアリングがとてもいい。
びっくり箱1級?北秋川ボルダー2015年3月悩ましいハングした曲面からリップ上に。ムーブを探るのがとっても楽しい良い課題。
ルーフクラック1級八千穂高原ボルダー2015年10月完全なルーフのハンドクラックから、緊張感ある乗っ越し。最高にいいルート。
右から5番目のクラック1//2級?白妙ボルダー2015年12月トラバースから、どっかぶりのハンドクラック。立体的でいい課題
1番目のハング1/2級?大丹波ボルダー上部エリア2015年12月岩がかっこいい。
命ちょうだい2級御岳2012年10月
ワシントン倶楽部2級笠間2012年11月花崗岩のスラブは楽しい。
桜餅2級瑞牆2013年6月マントル一発。難しい。
黒豆岩の右2級小川山2013年6月マントル一発。難しい。
黒豆岩の左2級小川山2013年6月マントル一発。同じグレードなのに右よりはるかにラクチン。
空間チムニー2級笠置2013年10月高いチムニー。結構苦労した。
白狐岩のSD2級御岳2014年10月抱え込みでの離陸と初手が厳しくてその後も気が抜けなくてとてもいい。
むかし道ペタシ2級?むかし道ボルダー2014年9月ほんとうに何もないスローパーのパーミング。とってもいい。
ホワイトテーブルの右マントル2級?むかし道ボルダー2014年9月マルガリ的な根性マントル。
右の方の課題2級?川乗のボルダー2015年3月小粒でぴりっとしたとても良い課題。
ペトロレアム2級?北秋川ボルダー2015年5月ハングから苔スラブ。
左抜け2級?十里木ボルダー2015年3月
裏面・夕焼けハングの左の課題。上部の緊張感が良い。
カバくん2級?北秋川ボルダー2016年1月☆☆☆
奥多摩で最も低い課題?個性的なムーブが最高に面白い。
穴社員3級小川山2010年夏
デッドエンド3級?御岳2011年5月リーチムーブで3級程度?
後悔3級塩原2011年夏
コンケーブ3級小川山2011年9月
トラツグミ3級瑞牆2013年4月
デールクラック3級瑞牆2013年4月クラックボルダー。上部でガバを使ってしまった。ジャミングのみでも登りたい。
タートル岩の一番右3級小川山2014年8月なかなか厳しく緊張感があってよい。
時間割3級小川山2014年8月マントル。ムーブがわからず苦労した。
スィール3級小川山2014年8月いいマントル。
ホワイトアウト3級小川山2014年8月高いところで緊張感あるマントル。
ターゲット3級笠間2014年12月高いクラックの緊張感がとってもいい。
ラブタッチ3級笠間2014年12月ペシペシおもしろい。
表面クラック3級?大丹波ボルダー2015年6月
力を要する下部から、緊張感ある上部フィンガー。
ピノキオ3級小川山2015年8月☆☆☆
緊張感満点。
カンテ右3級昇仙峡
影絵エリア
2016年5月
カンテ登りは面白い。
カンテ左3級昇仙峡
影絵エリア
2016年5月
カンテ登りは面白い。
魂魄3級?昇仙峡
センチュリーバレー
2017年3月
現代的なムーブ。
汚い大岩の側面のスラブ4級小川山2014年7月短いけどとてもいい、勉強になったスラブ。
くじら岩、潮吹き穴の左のマントル4級小川山2014年7月とてもいい、勉強になったマントル。



おまけの宿題リスト

○スポーツルート
ラップ 僕の傾斜じゃないので、最後の方にやる
ショットガン 厳しいけど、そのうち登りたい
ボディウェイト 

○スラブ
てんかちゃん、バイシクル・ダイク、ビレニィ・プリズン、地獄谷Time Limit

○トラッド
・小川山
完全なる酒乱、南稜レモン・バリエーション、冬のいざない、クレイジー・ジャム、ばんざいジャム
・昇仙峡
ハードグラニット、修験谷のルート、コブラ、シャドー・クラック、フラット・ホワイト
・湯河原幕岩
小ハング右凹角ルート、小ハング左凹角ルート
・瑞牆
B1フィンガー

○マルチピッチ
ファン・ファン・ファン、ジェットストリーム延長、ロケットマン

○ボルダー
・奥多摩とか
クライマー返し、モノローグ、ワセリナー、御岳の曲面ボルダー、白妙の左カンテクラック、
・山梨
ブラックレインボー、日本一辛い初段、Y谷リップトラバース、Rエリア上の方のカンテ、Rエリア低空トラバース
・小川山
対称岩右・左